制作日記2009

2009年12月 5日 (土)

Premiere Elements 8

20091205_0001
Adobe Premiere Elements 8。

Elementsですな
こんにちは。

Premiere Elements 7でも良かったけど、
8が新品未開封で1万ちょいだったので購入。

本当はAfter Effectsが欲しいところだけど。(笑)
「15万も出るかい」&「本格的に色々揃えないとね」なのでもちろん即却下。

Photoshop Elementsもそうだが、Elementsは何気に高パフォーマンス。

Photoshop Elementsで画像編集はほぼできるし、
映像くっつけて適当にちょちょいとやるならPremiere Elementsで十分。

仕事もできそうな勢いだが、PhotoshopとPremiereが大体9万、
フル機能があった方がもちろん高クオリティが出せる訳で、そんなとこ。

Premiereに関しては読みこめてタイムラインに配置できればいいので、
実質Pro版とほとんど変わらないような。

まぁ そんなこんなで
音付きの映像が作れるようになりました。

| | コメント (0)

2009年11月30日 (月)

リバースフット再び

20091130_0001
リグとか。

こんばんは。

ちょいテストでアニメーションさせてみようとしたが…
モデルもなかったのでキューブマンで。

バインドっつーか階層にぼんぼん放り込む。
んが、骨は一応人間ってことにして配置。

ええーっと
こんなんでよかったけかな?
動かすのは苦手でもないけど、リグとかセットアップはいかんなぁ。

ちなみにレンダラーは、mental rayの影なしアンビエントライトばいーんっと。
マテリアルのリフレクトは切ってある。
…そか Mayaはディフォルトでレイトレしちゃうのね。
(3ds Maxはディフォルトでは反射しない)

マテリアルのFGがちょっと強いような。
まぁ どうでもいいような。

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

キャラモノ×チャラモノ

20091123_0001
mentalray 00:04 800x600px。 横顔のシルエットがひどい(笑)

こんにちは。

よーーーやく時間が取れたので、ちくちくいじってみる。
普段「硬いもの」しか作ってないので、もー忘れたわー。

平面板からちくちく押し出しーのずらしーので作成。
割りがイマイチなんだが、まぁ 動かす前提で支障がなさそうならいいかー 程度で。

ちなみにブライスを元にした「プロトタイプ」が存在するが、
作ってる時はおもしろいけど、
モノとモノのバランスがすんごいアンバランスになるので途中で却下されました。

mentalrayは、ほぼ最終仕様だけど
ライトがmayaのディフォルトなので瞬殺でレンダリングされます。

ちくちくちくちく。

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

F8

20091103_0001
キャラデザもののくつ。 途中。

Bm-D-E-A
・形式 mp3 128kbps
・時間 1:05
・サイズ 1.1MB

こんばんは。

よーやく時間が取れたので
リハビリ含めてちくちくと。

とりあえず一通りモデリング~アニメーションまで
Mayaってみます。

で、キャラもの1匹作成。

下のmp3はFLのテスト。

コードはBm-D-A-E。
名前AとEが逆だけど無視。

FLで作ってACIDで合成。
FLでも生音が使えるので、音はそこそこいい。

| | コメント (0)

2009年10月29日 (木)

Conversion

20091029_0001
mental ray 800x600px バッチレンダだから時間不明。 2分半くらい?

20091029_0002
3dsMax → Maya。 3dsMaxはZが横だから、ごろんってなる。

ねむーい
こんばんは。

全然触れてぬMaya。
これは9月中旬くらいで、その後なんやかんやで忙しくて今に至る、ので
全っ然触れておりません。

とは言いつつ、超眠いので寝ます。
あー 1日が48時間くらいに増えてほしー。

| | コメント (0)

2009年7月31日 (金)

For AVC 2009

20090731_0001
mentalray 640x480px 07:12 クオリティはアンチエリアスと反射と深度はやや高め。 Rayは100とかそんなもの。

20090731_0002
はい ざっくり。 一番の問題はあんまり良くないマシンスペックで「ライトの数とシャドウどーすんの」

For Autodesk Visualization Contest 2009
こんばんは。

いや あるか知らないんだけど。
なんとなーくちくちく作っております。

今回はちょいカッチリ真面目に作ります。
「複合商業施設」とか「空港内のビル」的な感じ。
アングルは屋内という設定。

相変わらず時間もないので、基本的に1フロア作ってコピペでございます。
テクスチャは多分作りません。

ばばばーっと作りましたが、
押し出しやら何やらでこの時点で形がぐにゃぐにゃ、
「見えりゃいいじゃん」で もちろんいいのだが、
ビジュアライゼーションっぽくサイズをキッチリ出すことにしました。

ということで、全部作り直しの寸法出しなおし。
なるべく力技は使わず、ひたすら正確に固いものを作ることにしました。
現段階で基礎工事はほぼ終わっている感じ。
上ので大体3時間くらい、作り直して2時間弱といったところ。

一番の問題は、「ライトの数とコストパフォーマンス」。
遠いとこは自己照明とかFGの強度でごまかすとして、
影をたくさん出すとシャレにならんので、そこら辺がネック。

ライトは基本がFG+キー+全天+ディレクショナルGIもどき。

基本のライティングセットが
いつも使うものがベースで1/10サイズの設定なので、
このビル自体1/10で制作。

1/10にしないと、イラレで実寸サイズでポスターとか作らなければならんので
たまにイラレの最大範囲を越えて面倒くさいことになってしまうのだ。

マテリアルは、Arch & Designのプリセットをちょいちょいといじって設定。
ちょちょい。

このままいくと、100%無機質になるので(でも実物は大抵こんなもん)、
時間の許す限り小道具をちょこちょこ作りたいと思います。

| | コメント (0)

2009年3月30日 (月)

the brilliant speakers

20090330_0001
mental ray 3200x2400px 13:xx スピーカー。 レイトレないのに回数が6回とかで時間が加算されている。

20090330_0002
Scan Line 3200x2400px 00:10 分割が荒いのはアップで撮ることを考えていなかったので。

20090330_0003
Z depth 3200x2400px 02:37 「Z深度アルファ作戦」は、ぼかし具合で結構簡単に破綻する。

土曜日、美容院の予約したら
「この前偶然前歩いているの見かけましたよ」
「目立ちますね!」

ええ 目立ちますとも
こんばんは。

↑スピーカーですな。
途中からちょっとだけ本気で作りこんでみた。
所要時間1時間くらい?

そもそもそんなに作りこむ気がなかったので
ちょっと荒いけどこのサイズならまぁ気にならんっしょ。

ライティングは面倒くさいので以前使ったキューとほとんど一緒。
そもそもSkylight一発もどきなので、ライティングも何もある訳じゃないけど。

こーいう四角いのを作る時は、Planerの正面とかからの
面から穴開けてくっ付けて…の作業が一番効率良い。

ブール演算は、バーテックスが移動してしまったりするので、
時間があってちゃんと作る時は使用しない。

注意したところは、「黒は黒でも違う質感の黒を作る」こと。
これがかなり難しい。

ちなみに、レンダリングがうまくいかず若干潰れてしまい
Photoshopで上から同画像のスクリーンを乗せています。

写真の感度みたいなノイズを適当に乗せて落書きして終了。

[cf.]
フカアオミドリ : mentalrayで遊ぼう! 15時間目 (2009/03/25)

| | コメント (0)