2006年CG-Bクラス

2007年12月 3日 (月)

t0604045

20071202_0001
2006年DVD。

20071203_0001
タイトルのフレームが足りてない。多分AEでの編集ミス。

20071203_0002
パーティクルはここだけ。間に合わんかった。

20071203_0003
多分最大の見せ場。「スコタロー」とか言うメカデザイナーが設計をミスったため、実はあんまり動けない。

20071203_0004
一枚25分の絵。mentalrayは重いなぁ。今ならレイトレも切るね。(笑)

20071203_0005
空が多いのはレンダリングが終わらなかったから。本当は銃弾で窓ガラスがドガガガの予定。

20071203_0006
デジハリ東京本校。

20071203_0007
なんだかんだで1年経ってしまった。

20071203_0008
デジハリスタッフさん。ははは なんじゃそりゃあ!

こんばんは。

見ましたDVD。
鼻血を出しながら3徹4徹しながら作った根性のCG。
絶望と希望と乾燥と眠気と戦い作った映像。

各々の舞台裏を知っているからおもしろい。

ま 人生であれだけの機材と時間を自分の作品のためだけに割くことは
今後100%ないだろうな。

自分自身を評価するなら、
上座も下座も知らない「MaxはNIKE」「Photoshopってつまりなんですか」の人間が
1年間詰め込み生み出した「結果」としてはまぁまぁなんじゃないのかな、
と思う訳です。

「あぁ この人はメカ作りたくてしょうがなかったんだね」と思ったなら、満足。

結局リジットバインドのみだとか、スケルトンが大分いい加減とか、
あんまり動いてないじゃん、つかカメラでごまかしてるんじゃね?とか、
重々承知ですが。

まぁ いいじゃないすか。

正直「2年目」があったなら、このくらいの作品1ヶ月かからんのかなぁ、
と思ってしまうのだが…。
1年という短期が逆に良かったとも考えてみる。


1つだけ現実があるとすれば、確かに時は流れたのだ。

[cf.]

shadow_striker_2048_0001

シャドウストライカー (最終版)
・形式 WMV 2060kbps
・時間 2:39
・サイズ 30.4MB

shadow_striker_2048_0001

シャドウストライカー (最終版・軽量型)
・形式 WMV 700kbps
・時間 2:39
・サイズ 10.4MB

| | コメント (0)

2007年3月26日 (月)

終わりという名の始まり。

20070326_0002_t

2006年春本科CG・映像クリエイター専攻Bクラス。
卒業しました。

一年間、早かったというより疲れた。
そりゃ鼻血も2度3度出るってもんです。

まぁ てんやわんやで入学し、MayaのBクラスに入ったのも何かの縁。
色々ありました。
話せば長いことです。

自分はこのクラスで本当に良かったな、と思います。
運が良かったか運を拾ったか、素敵な仲間たちと出会えました。
(番宣じゃありません)

「学生」ではないので、学生らしい思い出は夏の山梨くらいでしょうか。
朝から晩まで、晩を通り越して翌朝、更にまたいで夜まで、
モニタの前に座っていました。
まぁ 一生に一度、倒れるくらい努力をしてもいいのでは?と思います。
(実際に何人かダウンしています 自分も含めて

その成果、というよりその姿勢に「何か」があるのですね。

関わったすべての人へ、感謝と敬意をこめて “ありがとう”。

さて、感傷はこのくらいにして…

文章に句点「○」がつくように、全ての物事には終わりがあります。
しかし、それは次へのステップに他なりません。
我々クリエイターのタマゴは、いつまでもタマゴであってはなりません。

ということで、これからポートフォリオ作りです。
明日(というか今日)は、「カッチョイイファイル」を探し、
明日には1アクション起こす予定です。

最後に。
Bクラスの皆様へ。

デジカメ持ってたのに、集合写真とか気の効いたことができなくてすみません!
赤目・ちょっとどころじゃないピンぼけ・ブレブレの写真しか撮れてませんでした。
正直、行き先も解らぬまま暗い夜の帳の中へ逃げ出したくなりました。

20070326_0001_t

23:30に帰る。
今日もデジハリでお会いしましょう。

| | コメント (0)

2006年8月 3日 (木)

河口湖キャンプ

8月1日~8月2日で河口湖キャンプに行ってきました。
キャンプ…というより、「バーベキューと花火」。

いやー おもしろかった。来て本当に良かった。
あれこれあった、濃いぃ一泊二日でした。
日記風に振り返ってみます。

20060803_01
山梨県富士河口湖町に到着。
天気は曇り。気温は初秋のようで涼しかった。
のっけから高速で車が逆走して約30分のタイムロス。
思えばこの辺から「何かの予兆」はあった。

20060803_02
地元スーパーで食材の買出し。
人数が多すぎて、食材がどのくらいあればいいかがサッパリ見当がつかない。
結局肉を余るほど買ってしまう。

20060803_03
コテージに到着。
んが、何故か清掃待ちやら何やらで中に入れない。
ネゴシエーターのお陰で、何とか中に入ることができた。

20060803_04
宿泊したコテージ。
「家一軒丸ごとレンタル」で、非常に良い建物だった。

20060803_05
かなり大きい。

20060803_06
リビング1Fは吹き抜けになっていて、天井は開放的。

20060803_07
こういうところに来ると、何故か2Fが人気だ。(笑)

20060803_08
バーベキューの準備中。

20060803_09
点火! 火力が弱い。

20060803_10
温まってきたので、人数はそろっていないがバーベーキューを始めることにする。

20060803_11
ソーセージ・たまねぎ・かぼちゃ・とうもろこし。
あー かぼちゃも買いすぎたなぁー。

20060803_12
トントロ。

メンバーが下見中でそろわないので、
100均で買った水鉄砲で大の大人が大人気なく遊ぶ。
全員そろった後もエスカレートし、終わってみれば誰もがびっちょびちょ。
この悪ノリはやや危険だった。(笑)

そして山中湖報湖祭の花火を見るべく移動する。

20060803_13
無謀にもFOMAで撮影。やっぱりぶーれぶれ。

20060803_14
花火開始。
下見メンバーがものすごいいい居場所を取ってくれたので、
間近で花火を見ることができた。ご苦労様です。

20060803_15
花火。近いだけあって音が大きく迫力があった。
夜になって気温がガクッと下がり、8月1日とは思えない寒さだった。

20060803_16
CGを勉強してるだけあって、

「うわー あのFog邪魔だよ」
「これはパーティクルでしょ」

と、一般人が聞いたら何のことやらサッパリ分からない会話が。
うーん 重症だ。(笑)

20060803_17
ラストの花火。

花火終了後はコテージに帰り、最もキケンな第三部が始まる。

20060803_18
…。

20060803_37
もはや何も言いますまい。

20060803_19
翌朝は晴れて朝から温度が高く暑かった。
富士山がくっきり見えた。

20060803_20
昨夜は時間の都合上、露天風呂に入れなかったので、
朝風呂に入ってきました。

20060803_21
買っておきながら、すっかり忘れられていたスイカ。
うむ うまい。

20060803_22
11:00にチェックアウト後、河口湖での~んびり。

20060803_23
ブランチ。みはらし亭にて、ざるそばとクリームソーダを食す。
お土産に山梨名物「ほうとう」を買う。

20060803_24
DECADE。ホコリまみれになってしまった。
後で拭かないと。

この後、車ごとの別行動に。
氷穴(ひょうけつ)、風穴(ふうけつ)、青木ヶ原樹海遊歩道へ。

20060803_25
氷穴(ひょうけつ)。
中学校の修学旅行で来たことを思い出す。
洞窟は非常に狭く、その上氷ですべるすべる。
中々スリリングだった。
ついでに風穴も訪れることにする。

20060803_26
風穴(ふうけつ)。
「かざあな」と読んでも、まぁ間違いではないと思う。(笑)
氷穴よりも寒く、洞窟内は長かった。
やはり天井は低く、床もすべる。

20060803_27
光ゴケ。
どの辺が風穴なのか今いち首をかしげるところ。

この後、時間があるのでドライブしつつ青木ヶ原樹海遊歩道を探す。
後々、風穴から青木ヶ原樹海遊歩道があったことを知る。

20060803_30
青木ヶ原樹海遊歩道の木漏れ日。
木が密集しているため、大きくなれず、細い木が目立つ。

20060803_28
キノコ。

20060803_29
赤いキノコ。

別の青木ヶ原樹海遊歩道を探して再びドライブ。

20060803_31
別の青木ヶ原樹海遊歩道。

20060803_32
青木ヶ原樹海。
うっそうと木が生い茂っていて、昼間でも結構暗い。

20060803_33
キノコ。
下を見て歩いていると、結構キノコが生えている。

20060803_34
青木ヶ原樹海遊歩道。

20060803_35
青木ヶ原樹海遊歩道の案内板。
この辺りで引き返す。

さすがにみんな疲れていた。

20060803_36
帰りの中央高速道路にて。

新宿でついでにデニーズで軽食を取る。
話が盛り上がり、気づいてみれば21:00。
新宿駅で下ろしてもらい、帰路に着く。
幹事・ドライバーの方々、本当ご苦労様です。

帰りの電車で立ちながら寝る。
22:20頃家に到着。

| | コメント (0)